ゴジラキングオブモンスターズはつまらない?ネタバレや感想を徹底調査した結果凄すぎると判明

映画『ゴジラ』シリーズといえば、日本を代表する特撮映画シリーズとして知られていますよね。

しかし、ゴジラが活躍しているのは、なにも日本国内だけというわけではありません。

これまでに、ハリウッドでも、その存在感を見せつけてきました。

そこで、ここでは、ハリウッド映画である『ゴジラキングオブモンスターズ』についてご紹介していきたいと思います。

ネタバレや感想がすごすぎると話題になっていた、映画『ゴジラキングオブモンスターズ』。

一方で、つまらないという声もあったようなのですが、はたして、どうなっていたのでしょうか。

【関連】
もくじ

1.映画『ゴジラキングオブモンスターズ』とは

映画『ゴジラキングオブモンスターズ』は、2019年に、アメリカで公開されました。

怪獣もののSF映画をおなじ世界観のクロスオーバー作品とした『モンスターバースシリーズ』の1つに位置しています。

『モンスターバースシリーズ』では、これまでに、2014年に『GODZILLA ゴジラ』、2017年に『キングコング:髑髏島の巨神』、2019年に『ゴジラキングオブモンスターズ』と、問題作が精力的に展開されてきました。

そして2021年には、『ゴジラVSコング』も公開予定となっていますから、実に楽しみな限りでしょう。

そんな映画『ゴジラキングオブモンスターズ』は、マイケル・ドハティ監督作品。

キャストは、動物学者のマーク・ラッセル役はカイル・チャンドラーさん、その嫁で動物学者のエマ・ラッセル役はヴェラ・ファーミガさん、2人の娘であるマディソン・ラッセル役はミリー・ボビー・ブラウンさんなどとなっています。

ストーリーの概要は、ゴジラをはじめとするさまざまな怪獣たちと人類との戦い、そして怪獣同士による壮絶なバトルが描かれていくというもの。

それでは、これ以降において、そんな映画『ゴジラキングオブモンスターズ』の評判、ネタバレ、そして感想について見てまいりましょう。

2.映画『ゴジラキングオブモンスターズ』はつまらない?

このような映画『ゴジラキングオブモンスターズ』については、つまらないという声もあったのでした。

いったい、どういったところがまずかったというのでしょうね。

ネット上の声を見ていきますと、いくら怪獣映画であるとはいえ、人間の描写がなっていないというものがありました。

人間の描写を濃くし過ぎたことで、映画全体がダメになっているというのです。

また、怪獣が都市を破壊していくようすが描けていないといった声も。

この手の特撮ものは、ある程度、怪獣を描かなければファンを満足させることはできません。

よって、たしかに、観客をこのように感じさせてしまった以上、制作サイドには改善点があったといわざるを得ないでしょうね。

3.映画『ゴジラキングオブモンスターズ』のネタバレ

まずは、映画『ゴジラキングオブモンスターズ』のあらすじをご覧ください。

動物学者のエマ・ラッセルは、娘のマディソン・ラッセルとモスラの幼虫と交信していました。

しかし、テロリストのアラン・ジョナの組織によって、2人と、オルカという怪獣と交信する機器が連れ去られます。

その後、エマ・ラッセルの旦那で動物学者のマーク・ラッセルが2人を救うため動きだし、アラン・ジョナたちは、怪獣のモンスター・ゼロを復活させようと目論むのでした。

が、これがキッカケとなって、ゴジラが活動を始めてしまいます。

それでは、映画『ゴジラキングオブモンスターズ』のネタバレも見ていきましょう。

エマ・ラッセルは、実は、アラン・ジョナとグルでしたが、2人はその後、決別していくことに。

やがて、怪獣たちのほうは、ゴジラとモンスター・ゼロ=ギドラによる白熱したバトルへと発展していくことになります。

一時はピンチに追い込まれてしまうゴジラでしたが、エマ・ラッセルが尽力したこともあって、最終的には、なんとか、ギドラを打倒することに成功。

このようにして、ほかの怪獣たちもゴジラに屈服していくこととなるのでした。

4.映画『ゴジラキングオブモンスターズ』の感想

映画『ゴジラキングオブモンスターズ』は、怪獣たちの動きだけではなく、人間関係も見どころとなりましたね。

では、感想のほうも見ていきましょう。

これまでの映画『ゴジラ』シリーズで最高傑作とする声もありました。

ハリウッドだからこそ、ここまでできたという評価も。

ほか、ストーリーだけでなく、主題歌を評価する意見も見られますね。

映画『ゴジラキングオブモンスターズ』には、つまらないという向きもあったものの、これはやっぱり、観る価値はきわめて大きいといえるでしょう。

【関連】

やはり、映画『ゴジラキングオブモンスターズ』は、ただごととはいえない作品でした。

もともとファンだという方も、そうではない方も、絶対に見逃さないようにしましょう。

もちろん、国産ゴジラの魅力も捨てがたいものがありますけどね。

もくじ
閉じる