映画ミッドウェイ2019ローランドエメリッヒ監督作品の評価やネタバレあらすじ

もう少ししたら、2020年も、ふたたび太平洋戦争終戦の時期がやって来ますね。

さて、そんな太平洋戦争といえば、忘れられない戦いの1つとして、ミッドウェイ海戦が挙げられるのではないでしょうか。

そんなミッドウェイ海戦を描いていく映画が、今回取り上げていく『ミッドウェイ2019』です。

日本では2020911日に公開予定だといいますから、楽しみで仕方がありません。

それでは、そんな映画『ミッドウェイ2019』とは、どのような作品だったのでしょうか?

これから、映画『ミッドウェイ2019』のあらすじ、ネタバレ、さらに、ローランド・エメリッヒ監督作品の評価についても見ていきたいと思います。

【関連】
U-NEXTの31日間無料トライアルのバナー画像  
もくじ

1.映画『ミッドウェイ2019』のあらすじ

日本とは切っても切れない太平洋戦争の、それも有名なミッドウェイ海戦を描いていく、映画『ミッドウェイ2019』。

これはいやでも関心を持たざるを得ませんから、さっそく、あらすじを見ていきましょう。

日本軍は、山本五十六、山口多聞、南雲忠一らの艦隊によって、真珠湾を舞台に、壮絶な戦闘を展開させていきます。

その後、アメリカ軍のエンタープライズの艦長のウィリアム・ハルゼーは、ディック・ベストに、そんな日本軍を追うように指示しました。

さて、アメリカ軍では、日本軍をなんとしても倒すために、最高司令官のチェスター・ニミッツ、そしてエドウィン・レイトンが、日本軍について、戦略を研究していくことに。

このようにして、日本軍、アメリカ軍は、それぞれ、運命のミッドウェイ海戦に向かって、突き進んでいくことになるのでした。

U-NEXTの31日間無料トライアルのバナー画像  

2.映画『ミッドウェイ2019』のネタバレ

このようなあらすじの映画『ミッドウェイ2019』だけに、ネタバレがどうなっていくのかも、非常に気になるところですよね。

しかしながら、こちらは明らかになっておりません。

そこで、実際のミッドウェイ海戦についてご紹介いたします。

日本軍は、ミッドウェイ島を攻略するために、戦艦大和をはじめ、多数の部隊が現地に向かっていきました。

しかし、結果は、4隻もの戦艦を失ってしまうという、歴史的な大敗を期してしまうことに。

こうしたことから、日本軍の主力部隊は、戦地にたどり着くことすらできず、日本軍は大きな打撃を受けてしまったのです。

あの戦艦大和すら、ミッドウェイ海戦において、その力を発揮する機会自体がありませんでした。

ミッドウェイ海戦が太平洋戦争において、日本側の劣勢を決定づけたのは有名ですが、ここまでひどい負け方だったとは、ショックですね。

ともあれ、映画『ミッドウェイ2019』におけるミッドウェイ海戦の結末にも注目していきましょう。

U-NEXTの31日間無料トライアルのバナー画像  

3.映画『ミッドウェイ2019』ローランドエメリッヒ監督のプロフィール

映画『ミッドウェイ2019』は、ローランド・エメリッヒ監督作品です。

そこで、ローランド・エメリッヒ監督のプロフィールも確認していきましょう。

ローランド・エメリッヒ監督は、19551110日、ドイツの出身で、20207月現在の年齢は、64歳となっています。

ハリウッドの破壊王と称されており、これまでに数々のすぐれた作品を残してきました。

これまでに監督してきた映画は、『インデペンデンス・デイ』、『GODZILLA』、『デイ・アフター・トゥモロー』、『もうひとりのシェイクスピア』、『ホワイトハウス・ダウン』など。

全体的な傾向としては、SF、アクションが多くなっています。

なかでも、映画『インデペンデンス・デイ』は、サターン賞監督賞を受賞するなど、自身のキャリアに大きな影響を与えることになりました。

U-NEXTの31日間無料トライアルのバナー画像  

4.映画『ミッドウェイ2019』ローランドエメリッヒ監督作品の評価

そんな映画『ミッドウェイ2019』のローランド・エメリッヒ監督ですが、これまでに監督してきた作品への評価も気になりますよね。

全体的には、その評価はとても高いものとなっていました。

上述のように、映画『インデペンデンス・デイ』は、サターン賞監督賞を受賞。

ほか、映画『インデペンデンス・デイ』では、ヒューゴー賞映像部門、サターン賞監督賞。

映画『GODZILLA』では、サターン賞ファンタジー映画賞。

映画『デイ・アフター・トゥモロー』では、サターン賞SF映画賞に、それぞれノミネートされていたのです。

さて、肝心の映画『ミッドウェイ2019』なのですが、こちらは賛否が割れるという結果となっていました。

脚本を評価しないという批評家が少なくなかったというのです。

これは少々、残念ですが、あくまでも、本国のアメリカにおける、それもプロの批評家による見解です。

日本や、一般の観客では異なることも考えられますので、映画『ミッドウェイ2019』の本邦初公開に、ぜひとも、期待いたしましょう。

【関連】


というわけで、映画『ミッドウェイ2019』について、見てまいりました。

日本に大きな影響を与えた戦争の映画だけに、日本における評価が気になりますね。

ローランド・エメリッヒ監督作品だけに、楽しみにしましょう。

U-NEXTの31日間無料トライアルのバナー画像  
もくじ
閉じる