パイレーツオブカリビアン全5作の順番を時系列に解説|キャストと役名を確認

映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズといえば、ハリウッド映画を代表する、あまりにも有名な海賊ものですよね。

そこで、この記事では、映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズについて、確認していきたいと思います。

実は全部で5作も公開されていた、映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズ。

それぞれ、順番は、時系列では、いったい、どうなっていて、どのような内容だったというのでしょうか。

さらに、映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズに出演してきたキャストの顔ぶれや、彼らが演じてきた役名についても、見てまいりましょう。

【関連】
もくじ

1.映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズの全5作の順番を時系列に解説

まずは、映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズには、はたして、どのような作品があったというのか、各作品の順番を、それぞれ公開された時系列で見ていきましょう。

①パイレーツオブカリビアン/呪われた海賊たち

記念すべき第1作は、2003年に公開された、映画『パイレーツオブカリビアン呪われた海賊たち』。

②パイレーツオブカリビアン/デッドマンズチェスト

2作は、2006年に公開された、映画『パイレーツオブカリビアンデッドマンズチェスト』。

③パイレーツオブカリビアン/ワールドエンド

3作は、2007年に公開された、映画『パイレーツオブカリビアンワールドエンド』。

④パイレーツオブカリビアン/生命の泉

4作は、2011年に公開された、映画『パイレーツオブカリビアン生命の泉』。

⑤パイレーツオブカリビアン/最後の海賊

5作は、2017年に公開された、映画『パイレーツオブカリビアン最後の海賊』。

ちなみに監督を務めたのは、映画『パイレーツオブカリビアン呪われた海賊たち』、映画『パイレーツオブカリビアンデッドマンズチェスト』、映画『パイレーツオブカリビアンワールドエンド』が、ゴア・ヴァービンスキー監督。

映画『パイレーツオブカリビアン生命の泉』が、ロブ・マーシャル監督。

映画『パイレーツオブカリビアン最後の海賊』が、ヨアヒム・ローニング監督とエスペン・サンドベリ監督となっていました。。

映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズは、2003年に始まって以来、2020年現在、もう早くも17年にもなるわけですね。

なお、2020年には、映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズの新作が発表されることになりました。

6作にも注目していきましょう。

次ではそれぞれの内容をみていきます。

2.映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズの全5作の内容

続いては、ここまで見てきた映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズの内容です。

映画『パイレーツオブカリビアン呪われた海賊たち』では、ヘクター・バルボッサに拉致されたエリザベス・スワンを、ウィル・ターナーと海賊のジャック・スパロウが、救うために尽力していきます。

映画『パイレーツオブカリビアンデッドマンズチェスト』では、ジャック・スパロウが逃げるのを手伝ったとして、ウィル・ターナーとエリザベス・スワンが逮捕され、釈放する代わりに、ジャック・スパロウのコンパスを入手するよう迫られることになります。

映画『パイレーツオブカリビアンワールドエンド』では、カトラー・ベケットが、デイヴィ・ジョーンズの心臓を入手し、海賊たちを倒していき、エリザベス・スワンらが応戦していきます。

映画『パイレーツオブカリビアン生命の泉』では、不老不死をめざすジャック・スパロウが、生命の泉に向かっていたところ、昔、好きだったアンジェリカが現れることになります。

映画『パイレーツオブカリビアン最後の海賊』では、幽霊船の船長のウィル・ターナーの息子のヘンリー・ターナーが、父親を助けるために、ポセイドンの槍を求めて、旅に出発します。

3.映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズの全5作の主要キャスト

次は、映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズの主要キャストたち。

全編に登場するのは、ジョニー・デップさん(ジャックスパロウ)、ジェフリー・ラッシュさん(ヘクター・バルボッサ)、ケヴィン・マクナリーさん(ジョシャミー・ギブス)。

第一作『パイレーツオブカリビアン呪われた海賊たち』が、オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー)さん、キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン)さん、ジャック・ダヴェンポート(ジェームズ・ノリントン提督)さん、ジョナサン・プライス(ウェザビー・スワン総督)さん。

第二作『パイレーツオブカリビアンデッドマンズチェスト』が、ビル・ナイさん(デイヴィ・ジョーンズ )、ステラン・スカルスガルドさん(ビル・ターナー)。

第三作『パイレーツオブカリビアンワールドエンド』が、チョウ・ユンファさん(サオ・フェン)、キース・リチャーズさん(エドワード・ティーグ=ジャックの父親)。

第四作『パイレーツオブカリビアン・生命の泉』が、ペネロペ・クルスさん(アンジェリカ)、エドワード・ティーチさん(黒ひげ)、スティーヴン・グレアムさん(スクラム)、アストリッド・ベルジュ=フリスベさん(シレーナ)サム・クラフリンさん(宣教師フィリップ・スウィフト)。

第五作『パイレーツオブカリビアン最後の海賊』が、ブレントン・スウェイツさん(ヘンリー・ターナー)、カヤ・スコデラリオさん(カリーナ・スミス)、 ハビエル・バルデムさん(アルマンド・サラザール)です。

4.映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズの全5作の役名

最後は、映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズの主要キャラクターたちの役名と解説を確認してみましょう。

全編に登場するのは、主人公ジャック・スパロウ、カスピ海の王でジャックのライバル的存在ヘクター・バルボッサ、ジャックの一等航海士ジョシャミー・ギブス。

映画『パイレーツオブカリビアン呪われた海賊たち』が、鍛冶職人ウィル・ターナー、メインのヒロインであるエリザベス・スワン、英国海軍士官ジェームズ・ノリントン、ウェザビー・スワン総督。

映画『パイレーツオブカリビアンデッドマンズチェスト』が、幽霊船「フライング・ダッチマン号」の船長デイヴィ・ジョーンズ、ウィル・ターナーの父親で靴紐のビルことビル・ターナー。

映画『パイレーツオブカリビアンワールドエンド』が、シンガポールの中国海賊サオ・フェン、ジャックの父親で伝説の海賊エドワード・ティーグ。

映画『パイレーツオブカリビアン最後の海賊』が、ウィル・ターナーの息子ヘンリー・ターナー、科学者であの海賊の娘カリーナ・スミスです。

【関連】

映画『パイレーツオブカリビアン』シリーズは、17年も続いてきただけあって、壮大ですよね。

2020年に発表された第6作は、マーゴット・ロビーさん主演とのこと。

ジョニー・デップさん主演の過去作とはどのように異なるのか、公開が楽しみです。

もくじ
閉じる