映画テネットTENETのネタバレあらすじやキャストの役柄と複雑すぎる設定を調査

2020年、映画『テネットTENET』が公開されることになっています。

クリストファー・ノーラン監督作品だといいますから、期待は高まっていきますよね。

さて、そんな映画『テネットTENET』の肝心の内容ですが、ジャンルとしてはSFアクション。

しかし、映画『テネットTENET』は、ただの娯楽大作ではなく、そうとう特殊な作品だったのでした。

そこで、この記事では、映画『テネットTENET』について、確認していきたいと思います。

映画『テネットTENET』のあらすじ、ネタバレはどうなっていて、キャストはどのような人々で、キャストの役柄はどういうものだったのでしょうか。

また、映画『テネットTENET』といえば、複雑すぎる設定も話題でしたので、こちらもチェックしていきましょう。

【関連】
U-NEXTの31日間無料トライアルのバナー画像  
もくじ

1.映画『テネットTENET』のあらすじ、ネタバレ

クリストファー・ノーラン監督作品ということもあって、俄然、見逃すことができない、映画『テネットTENET』。

それでは、そのあらすじやネタバレとは、いったい、どのようなものだったのでしょうか?

実は、映画『テネットTENET』の全容はまだ明らかにされていませんでした。

そのため、ここでは、映画『テネットTENET』のすでに判明している部分の内容をお伝えしていきたいと思います。

映画『テネットTENET』は、かんたんにいえば、スパイもの。

それも、世界レベルで展開されていくという、国際スパイものなのでした。

主人公は、「主人公」とされていて、具体的な名前は与えられていません。

この主人公たちが、第三次世界大戦を止めるために活躍していくという展開になっています。

主人公たちは、タイトルにもありますように、「TENET」というひと言を武器として、世界を守るために活躍していくとのこと。

ただし、映画『テネットTENET』は、一般的なアクション映画というわけではありません。

くわしくは後でご説明いたしますが、その内容はきわめて複雑なものになっていたのですね。

まだ少ないですが、以上が、映画『テネットTENET』について分かっている情報です。

主人公に名前がなく、そのまま「主人公」とされているのが、なんとも独特の印象を与えているように思いました。

これまで数々の話題作を放ってきたクリストファー・ノーラン監督の作品だけに、今回もそうとう興味深いストーリーとなることでしょうね。

U-NEXTの31日間無料トライアルのバナー画像  

2.映画『テネットTENET』のキャスト

このような映画『テネットTENET』ですが、そのキャストとは、どういった顔ぶれだったのでしょうか。

主人公役は、ジョン・デヴィッド・ワシントンさんが演じます。

ほか、ニール役はロバート・パティンソンさん、スーザン役はディンプル・カパディアさん、ジュニア役はアーロン・テイラー=ジョンソンさん、ローラ役はクレマンス・ポエジーさん、アフマド役はヒメーシュ・パテルさん、リアム役はデンジル・スミスさんとなっていました。

また、役名が判明していないキャストとして、エリザベス・デビッキさん、マイケル・ケインさん、ケネス・ブラナーさん、マーティン・ドノヴァンさんがいます。

ジョン・デヴィッド・ワシントンさんは、1984728日、アメリカの出身で、20207月現在の年齢は、36歳となっていました。

かつては、アメリカンフットボール選手として活動していたことでも有名です。

映画では、これまでに、『マルコムX』、『青いドレスの女』、『ブラック・クランズマン』、『さらば愛しきアウトロー』といった作品に出演してきました。

U-NEXTの31日間無料トライアルのバナー画像  

3.映画『テネットTENET』のキャストの役柄

このようなすばらしいキャストたちがそろっていた、映画『テネットTENET』。

では、それぞれのキャストの役柄は、分かっていたのでしょうか?

あらすじも分かっていないため、こちらもベールにつつまれていました。

もっとも、判明しているところでは、主人公は、いきなり世界レベルのミッションを遂行せざるを得なくなるスパイとのこと。

そして、そのミッションのキーとなるのは、「TENET」という言葉。

はたして、映画『テネットTENET』は、どのような役柄のキャラクターがそろっていたのか、そして、どのようなストーリーになっていくというのか、楽しみですね。

U-NEXTの31日間無料トライアルのバナー画像  

4.映画『テネットTENET』の複雑すぎる設定

先述のように、映画『テネットTENET』の内容は、そうとう複雑なものになっていました。

これは、はたして、どういった設定だったのか、見ていきたいと思います。

クリストファー・ノーラン監督作品といえば、『メメント』など、プロットが凝ったものでおなじみです。

そして、映画『テネットTENET』もそれはおなじで、なんと、劇中では時間が逆流していくということになっていたのでした。

なんとも革新的ですから、クリストファー・ノーラン監督が今回はどんな話題を振りまいてくれるのか、あらためて公開が待たれますね。

【関連】

ふつうのエンターテインメントではなく、観客におどろきを多数、与えてきた、クリストファー・ノーラン監督。

よって、映画『テネットTENET』が傑作になることに疑いの余地はありません。

少しでも早く、劇場へ行って、鑑賞してみたいものですね。

U-NEXTの31日間無料トライアルのバナー画像  
もくじ
閉じる